FC2ブログ

獣☆ぷろ

イラストや漫画のブログ 【人外と少女・おそ松さん・電凹・サンレッド・まりんとメラン】等

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おそ松さん10話感想

8話と9話の感想は追々追加します…
念のため、追記に感想を載せますので、読まれたい方は↓からどうぞ~。


【カラ松とブラザー】
何故かトド松が「お願いだよチョロ松兄さん炭酸ジュース買ってきて。飲みたいんだよ炭酸が」とおねだりしてる。
というか何でチョロ松…? 普段からそんなに頼みごとしてたっけ?
それに対してチョロ松が「知らねぇよ! ないんならお茶で我慢しろよ! つか何で手前ぇの飲みたい物を俺が買いに行くんだよ!!」とめちゃキレながら正論を言うw
チョロ松ってキレるとオレっていうんだなぁ…元々神経質なタイプだしキレやすそうだなって思ってたけど、ここまでブチ切れてるってことはたまたま機嫌が悪かったんだろうかw
目つき悪くてオラつくチョロ松も結構好きです…

そこへ「今ちょうど出るところなんだ」といってカラ松が代わりにジュースを買ってきてくれる。トド松に感謝されるも、「優しい」とまでは言われてないのに自分で「優しいだろう?」いうカラ松w
彼にとって「優しい」とか「頼られる」っていうのは憧れのステータスなんだろうなぁ…
一期の頃はナルシストが強くて、自己愛アピールが強かったのに(そして周りからスルーされる事も多かった)、二期になった途端に「お兄ちゃん」ぶるようになりましたね。
いや一期の頃もそういう傾向はあったのかもしれないけど、二期はイケメンアピールは減った気がしますw
もしかしてイケメンではないと薄々感づいて、そっちの路線は諦めたんだろうか…?

自己陶酔に浸っていたカラ松が「炭酸を分けてくれないか?」とトド松を振り返るも、既に部屋は誰もいない…
誰も居ない部屋で一人お茶を飲むカラ松は哀愁漂ってて可哀想でしたけど、そこでわざわざトド松追いかけて飲まない辺りカラ松らしさがありますね…(もしかして炭酸ジュースはカラ松の奢り…?)
そこに現れたおそ松から洗濯物をお願いと頼まれ、頼られてるのが分かると快く引き受けてしまうカラ松。

ていうかおそ松には最初から嫌そうな顔(そらまぁ今まで散々あれこれされてたもんね…)なのに、その後頼んでくる十四松には「ん?」って顔で、わりと聞くモードなのには和みました。兄弟間でも相性の良し悪しがあるんですかね…(チョロ松と一松みたいに)
個人的には六つ子だから「誰が誰でも同じザンス」っていうのを貫いてほしさはありますがw
結局みんなどこかしらか似ているからこそ、『お互い好きでお互い嫌い』っていうのが根底にあって欲しいなって思ってます。似た者同士であり同族嫌悪でもありっていう…(複雑)
ところでやっぱり松代は兄弟に家事やらせてるよね~ってのが分かっただけでも今回は良かったです。
そりゃ8人家族なら家事分担しないと回らないもんね…
二期最初の頃は両親の姿があったものの、その後全く出てこないから日中も殆ど家に居ないんだろうけど(買い物とか趣味とかで出かけてる?)、こうして松野家をどうやって取りまわしてるんだろうっていうのが垣間見えたのが良かったなぁと。

その後も電話をカラ松に取らせる一松(めっちゃ電話嫌いなイメージある)、回覧板を頼むトド松と頼み事はエスカレート。
十四松が「これもお願い!」と掃除用具の次に渡した茶色の瓶は何…? 洗剤??
さらに一松が「わりぃ、これも頼むわ」って渡したモザイクかけた茶色のモノはもっと何…???
どんどん要求は増えていき、「まさかこれも?!」と十四松が石臼を手渡していたけど、これってもしかして一期のカラ松誘拐回の時、安眠妨害されて「うるさい!」とカラ松に投げつけてたアレ…??
そして「じゃあこれも」と一松が手渡したねこじゃらしが謎すぎる。猫連れてこいって事なんだろうか…
二期に入ってからおそ松ってクズな面を良く見せてくるけど、今回も「アダルトビデオ(返却してってこと?)→請求書→俺の代わりに就職しといて」…とどんどん付け上がってきてるよね。
いやぁゲスでクズなところは好きだけど、二期に入ってからどんどん加速している気がするw
というか、おそ松はカラ松には何言っても良いよね~ってのがどこか滲み出てるから、カラ松もあんまりおそ松と一緒に行動しないのかな…
それでも仲良いイメージはあるけどもw

チョロ松が見かねて他兄弟を諌めれば(そういえばチョロ松って今までもカラ松のこと呼び捨てにする事多かったよね…)、その場の空気に乗っかって(?)一松が「調子のってサーセンした」って謝ったのにちょっとびっくり。
いや二期に入ってから一松の態度が柔らかくなったよね…少しはカラ松に優しくしようと思ってるのかな…
「そうだよね、もうカラ松兄さんにお願い事する止めておこう」と反省する兄弟たちの顔に黒の影がかかってるのめちゃ怖かった。

そこへカラ松が
「待ってくれブラザー!何を言い出すんだ大丈夫だよ!アイムノーストレス!
おいチョロ松何を言い出すんだ!
いつも言ってるだろう。おれはお前たちのためなら何だってする!
力になる!だからどんどん頼ってくれ!
遠慮される方が嫌なんだ!」
と必死に頼む。

まぁ本人が良いならいいけど…とチョロ松が放っておくことにするも、屋根の上(何で洗濯物と掃除道具持ってきた?)でチョロ松と二人きりになった途端、カラ松が
「ここだけの話にしてくれよ。実はなんでもかんでもお願いされるの、死ぬほど嫌なんだ! あんなに言ってくる!? めんどくせえ殺したい!」
と本音をぶっちゃけるw
ていうか、カラ松も兄弟を殺したいと思う事あるんだな…日頃の恨みつらみもあるんだろうかw
「断れば?」と正論を言うチョロ松に、「断ると言う選択肢はない、なぜなら俺が世の中で優しい男から!」というカラ松に「いや優しいんじゃなくて気がちっちゃいからだろ」と突っ込むチョロ松。
ここら辺のチョロ松の分析、兄弟だけあって良く見抜いてるよな~って思う。
というか六つ子全員、変な所で気が小っちゃいよね…海の回とかでのナンパとか。
唯一十四松だけがそうでもないかな?とは思うけど、彼はお笑いに走る事で気の小ささを誤魔化してるところもあるのでは…て思ってしまうので、まぁ結局六つ子は誰が誰でも同じザンス!っていうのが一番好きです。(??)

「しょぼい男」「相手に強く出られるとびびってなにも言えなくなる」とか強くチョロ松に言われて、「そうね…」とビビるカラ松がめっちゃ可愛い。
練習しよう、と他の六つ子になりきるチョロ松だけど、それがまた全然似てなくて笑ってしまうw
日頃チョロ松がイメージしてるおそ松(おっぱい連呼)や一松(みんな死ね猫以外しね)が気持ち悪すぎるw
唯一、十四松がそれっぽい感じあるけど…やっぱり似てないしなぁw
一期の時に一人カードゲームしてたおそ松(他の兄弟の声真似がめっちゃ上手かった)や、銭湯で一松の真似をしていたトド松、屋根の上で兄弟の真似をした十四松と違って、カラ松・チョロ松・一松の三人は物真似が下手っていうのが公式になるのかな?(ここら辺はまた後々変わりそうだけど…)

カラ松の本音を他の兄弟が聞いた時、それぞれ反省している中で十四松が「灯油の入れ換えとか…」て言ってたあたり、やっぱり冬場にストーブの給油を押し付けた事を気にしてんのかな…
そしてそれぞれでやろう!…とはならず、カラ松の後釜を探そう!となるのはさすがクズニート達w
押し付けられそうになったおそ松は「だっておれおそ松だよ? おそ松ってそんなのしないでしょ」って理屈が実にメタっぽさある。
まぁ視聴者に向けての意味が強いんだろうけど、他の兄弟たちにも「おそ松ってそういう事しなさそうだな~」って思わせてる辺り、意識的に「クズ長男」を演じているんだろうなぁ。努力してクズになってるというかw

でも「(おそ松って)そんな事しないでしょ」っていう努力を徹底してるくせに、トト子ちゃん絡みになるとそういうのも全て投げ捨てて努力したり働いたりしちゃうんだもんなぁ…六つトト尊い。

一松に頼みごとをすれば恨み貯めて後で刺してきそうっていうコメントには本人が認めてしまうし(そしてこの後のアフレコ松ではその通り、ナイフで人を刺す練習してるw)、
十四松は「頼みごとなんかしたらぜったいろくな結果にならないと思うよ!」と本人が言い、
トド松は「絶対やらない。やるなら家を出ていく」という徹底ぶり。
いやそんなに簡単に家出ていけるんかい…とつい思ってしまうw
残ったチョロ松にみんなで一斉に頼みごとを押し付ける。

チョロ松「カラ松!お前のせいでこんなんなってんだろ!助けろよ!」
カラ松「グッドラック!」
チョロ松「何が?!おい、なんで閉めんの!?」
カラ松「うーん実にいい物語だったぜ」
チョロ松「だから何がだよ!」
カラ松「ハッピーエンドだ」
チョロ松「あっまじでお願い!助けてよカラ松兄さん!優しいカラ松兄さーん!」
(スゥ…パタンと居間の引き戸を閉める)
チョロ松「いやそこはきっちり断んのかい! 死ねや!」

…という最後の流れにはめっちゃ爆笑しましたw
やれば出来るじゃんカラ松…!

【新入社員トト子ちゃん】
OLトト子ちゃんがめちゃくちゃ可愛い。もう可愛い以外の言葉がないぐらい可愛い。髪型変わってもシュシュが黄色なの本当可愛い。
六つトト脳みそだと、重婚後に働きに出た人妻トト子ちゃんにも見えて大変でした。(??)

今回はトド松が上司だけど、トト子ちゃんの事を「弱井くん」呼びするのめちゃくちゃ良くないですか?
しかもトト子ちゃんの返事が「どうされました松野さん?」ってのがまた新鮮で良い…
これ付き合い始めの初々しいカップルっぽさがあって、凄い…めっちゃトドトトだぁ…ってTVの前でにやけてました。

トト子ちゃんがいわゆる「ゆとり世代」の新入社員をテーマにしてるから、
「上司が呼ばれた場合はこちらから出向くってまだ教えてもらってないので分かりませんでした」とか、
書類の数字を直しといてと頼まれても放置してランチを食べに行っちゃうとか、多分会社勤めの方なら分かる「あるあるネタ」がてんこ盛りでしたね…
このトト子ちゃんにムカつく、嫌いって呟きも散見されたんですけど、私はあくまで「ゆとり社員をテーマにしたコント」をトト子ちゃんが演じてる(そもそもトド松が働いてるし、幼馴染じゃないし…)だけなので、「あ~そういう新入社員良く聞くな~(Twitterで)」って思って普通に笑ってました。
日常パートのトト子ちゃんは売れなくてもアイドル活動続けてるし、大食い大会に出るために日々努力してたし、頑張り屋な子だと思ってます。
何が言いたいかって、とにかくトト子ちゃん可愛い(そこ)

で、お昼を食べに行こうとするトト子ちゃんを引き止めるトド松に、「ランチ食べに行くんです。松野さんも一緒に行きますか?」ってトト子ちゃんが言うところ、これ普段の六つ子なら一も二もなく「行きま~す!!」って言っちゃうところでしょ…本当可愛い。そしてトドトト御馳走様です。

仕事終わってないでしょと怒られるトト子ちゃんが、
「頑張ったんです!今までに一回も使ったことのないソフトと慣れないキーボードを使って一生懸命頑張ったんです!」
と努力アピールすると、「いや違う着地狙ってたでしょ」とツッコミを入れるトド松が良かったです。
本当、カラ松とブラザーのチョロ松といい、この回のトド松といい、この二人はツッコミ役がめちゃくちゃ合うよなぁ。
ちょっと話はズレますが、おそ松さんのオクトーバーフェスの時もチョロ松役の神谷さんと、トド松役の入野さんが良く突っ込んでましたし、トト子ちゃん役の遠藤さんをフォローしてましたw
リアル六つ子とトト子ちゃんぽくて本当良かったです…

トド松が良いよ僕が残りの仕事をやるよと言った途端、「速い!今だかつてない速さ!」と言われる速度で手渡す。(こういうところもゆとり社員あるあるネタっぽいw)
午後にはトド松が呼びつけても全く無反応。席まで行ってみれば物凄い顔で爆睡してるトト子ちゃんw
ここまで神経太いのは本当羨ましい…会社や上司、同僚にとってはお断りしたいとは思いますがw
そしていつの間にか会社のPCでタンブラー
(左上にMatsumblerの文字が…これもしかして松野家のタンブラー?? 六つトト???とか脳内がめっちゃ混乱しました。もし松野家が作ってなくてもわざわざこの「Matsu」が入ったタンブラーを使ってる辺りもうめっちゃ六つトトですよね…)
を更新しているトト子ちゃん。
タイトルの「となりのトト子ちゃん」って名前も可愛いし、お勧めユーザーの中にトド松(?)、照英さん、橋本にゃーとスタジオピエロが居たり、「君の名は」画像があったりと要所要所に小ネタが挟んであって面白いです。
トト子ちゃんに説教…説得するトド松のイケメンモード?の顔がまんまカラ松のキメ顔で、流石六つ子だなぁと思わされましたw
しかしそれでもトト子ちゃんが辞表を提出し、「ぶっちゃけ松野さん私のこと嫌いですよね?」と詰め寄る。
あぁ~これもゆとりあるあるネタだよなぁ~~(叱ると「自分の事嫌いですよね?」と逆キレする)と思いながらも、半眼で見下し表情のトト子ちゃんがめちゃ可愛くて、この表情でトト子ちゃんに責められたい…ってずっと思ってました。(キモオタ)

ところでまたも脱線しますが、従業員が退職を願い届けるのは「退職願」、経営者や役員(公務員も?)が退職を願い届けるのを「辞表」なんですよね…。だからトト子ちゃんが出すのは「退職願」では?ってツッコんでる人が居て、良く見てるな~と思いました。(指摘があるまで気がつかなかった…)
この描写も敢えて「物を知らない新入社員」を狙ったものなのか、それとも視聴者に分かりやすくしたものなのかは不明ですが…


「人手不足だから辞められると困る!」と頭を下げて辞表を撤回させるトド松。
トト子ちゃんの仕事へのアプローチも「分析は百点!」と太鼓判を押して、おっこれは上手くいきそうか?と思った翌日(?)、
トト子ちゃんの席には誰も居らず、トド松がトト子ちゃんへ電話かけても繋がらない(着信不能)。
すかさずそこへ、「松野さんバックレですよバックレ!」と現れる一子と十四子。
お前らここでOLやってたのか~~!
大量に抱えた書類の束は、頼まれてもないのに片付けた大量の仕事だという。
これだけでもめっちゃ有能すぎるのに、トド松は例の顔wで「うるせぇなブス!!」と切り捨てるw
(本当酷いよな…でもそこがまぁトド松っぽい)
十四子の「パワハラセクハラ! パワハラセクハラ!」が妙にテンポ良くてツボってしまいましたw
六つトト脳だとこの後絶対トド松上司はトト子ちゃん宅まで行って説得したよね…って思ってしまいました。
トドトトのオフィスラブめっちゃ見たいのでこれ是非続編描いて欲しい…
何なら今回出てこなかった兄弟も、一期の十四松回の面接と同じく、社員おそ松、社長カラ松、社員(面接官)チョロ松っていう配役で出て欲しい。六つトトでオフィスラブめっちゃええですやん…??(その中に一子×トト子、十四子×トト子っていうOL同士の百合オフィスラブもお願いしたい)

【アフレコ松さん】
今回もまたメタいのが来たな~って思いました。こういうの好きです。
冒頭から出てくる人が「アフレコ現場で顔は見たことあるけど何の仕事をしているのか分からない人A」と「B」って言うのが、身内(アニメスタッフ)に向けた「あるあるネタ」なんだろうなっていうのが分かって面白かったですw
声優の控室に行けば、煌びやかな宮殿風の室内。右側にはずらりと並んだ頭身高い美女たち(最初「じょし松さん??」って思ってしまいました…髪型がそれっぽかったので…)。
そこから続々とおはようございまーすと入ってくる六つ子の声優さん(?)達。
マスク姿のおそ松、アフロのカラ松、甲冑姿のチョロ松、やたらとテンションが高い怪獣姿の一松(「はーいおはようございまーす!はーい、強もよろしくお願いしまーす!」っていう台詞、十四松を意識している気がする)、浮浪者姿でテンション低い十四松に、お願いしまーすと顔だけひじりさわしょうのすけになってるトド松らが現れる。
誰なんですか?とBに聞かれ、Aは「身バレを防ぐためにあの恰好をしている。超一流の彼らはそれぞれファン五千万人ついてるからな」と言い、控室に入った途端に彼らはいつもの(私たちが見慣れた)六つ子の姿に戻る。
…というか、声優なら別にどんな格好でもいいのでは…?
アニメのあの姿のままが声優の正体なら、いっそそのまま実写にした方が良いんじゃ?とも思ったけど、これもメタ的な笑いを誘うためなんだろうなぁ。
パアンと頭を割るトド松には笑いました。これ絶対普段より目立つだろw

声優は喉を大切にしているってんで、一人一人加湿器を小脇に抱えているし(電力どうなってんだろ?)、謎の培養液に入ったスペアの喉も持ってるしw
サマー下面の最終調整(?)の練習をしているカラ松が「この程度のサマーでは学校からイジメをなくせない!」と悶絶する。(あれイジメ対策だったのか…)
ぼうえばーの練習をする十四松は「んー何か違う、今はただボエバーの芝居をしちゃってるだけなんだよなーもっと人々を感動させるボエバーを生まないと!」とやたらに哲学的な事を言う。(これ松フェスの時に「ボエバー」を生み出した小野さんの話ありましたよね。あれとからめてるのかな~)
無言でナイフの練習をする一松。(声優の調整は…?)
尻を出しながら「「ホタテでケツをごしごし~!いや全然違うよ!!僕はいったい海外で何を学んで来たんだ!ホタテでケツもゴシれないなんて!」というトド松。(これにはめっちゃ笑いましたw 今回の話はちょいちょいリアル声優さんネタ引っ張ってきますね。これもいわゆる身内受けを狙ったものなのかなぁ…個人的にはめっちゃ好きです。)
チョロ松は「ケツ毛が燃える感じがしない!誰か僕のケツ毛燃やして!」、おそ松は「だめだ!誰かパンツ見せて!」ってそれもう単なる欲望ぶつけてるだけだろw
そしてAさん曰く、童貞の気持ちが分かる為に彼らは「去勢してる」との事…
股間にモザイク入ってたからパイプカットしてんの?と思ったけど、童貞の気持ち~っていうんならチ○コがない方が自然だよなぁ…ならモザイクの意味はなんなのか…

アフレコ現場では音の鳴るものは身に付けてはならないって事で、全員服を脱いで全裸にw
収録するのは乳首がもぎ取られるシーン(2話)かな?
収録前に謎の呪文と謎の踊りをするが、これも各収録ごとにあるらしい…いや確かに発声練習あるらしいけど、これはないw
(オ○ーンコって言ってたらしいけど、最後のアカツカだけは分かった)
そしていざ本番となり、Bが「あんなセリフ台本に一個もないんですけど?」と言えば、Aは「台本に書かれているセリフを言うなんてただの一流がやることだ。彼らクラスはセリフ全てに独自のアレンジを加え改編し、台本とは全く異なる物語を紡ぎ出す」とやけにカッコイイことを言う。
実際はアドリブも殆ど無く、全部脚本に書いてあることを喋ってるらしいので、今回は何から何まで実際の収録とは真逆の業界パロなんだなぁ…
いやでもこれ業界を知らないとこういうものだと思ってしまうのでは?(ない)

そして自分でOKを出してしまうおそ松。(監督も音響も見てるだけ…)
彼らクラスになればリテイクをだしたことは一度もないらしい。
机の上に乗っかった札束をそれぞれ掴み、美女をはべらかせて(てか美女が高い頭身だったから、六つ子とは合わなくないか?と思ったんだが、普通に背丈が揃ってるw)ヘリに乗って(全裸のまま)帰る…そしてスタッフ一同、土下座してお見送り。
てか去勢してんなら美女いらないのでは?って思うけど、美女にかいがいしく世話してもらうだけなのかなw
「あんなクソみてぇなオンエアの裏側でこんなプロの仕事がなされていたんですね!」って言うBがストレートすぎィ!

今回BとCパートが風刺とブラックジョークの効いた回でしたね!
こういうのめっちゃ好きなのでまたやって欲しい…

次回予告は一松でしたね。
「寒いからチビ太のところでおでん食べに行こう→金払う気?あるよ」っていうのが実に不穏な感じ…

| 感想まとめ | 22:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kemonoproject.blog85.fc2.com/tb.php/705-a9f96485

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。