FC2ブログ

獣☆ぷろ

イラストや漫画のブログ 【人外と少女・おそ松さん・電凹・サンレッド・まりんとメラン】等

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おそ松さん6話感想

プライベッターに載せていたものをブログにもあげておこうかと思います。
念のため、追記に感想を載せますので、読まれたい方は↓からどうぞ~。


【イヤミがやって来た】

今回は全体的に体型が縮んでるというかこどもっぽくなってる気がする。
さんよりもくんに戻ってるっていう呟きを見掛けたけど、分かる気がするなぁ。

いきなり両親とも六つ子に言わずに旅行っていう辺り、まぁ松野家だよな~って感じはあるw
手紙の内容は

「親愛なるニートたちへ
父さんと母さんは二人きりで旅行に行って来ます。
どうだうらやましいだろう
働いてる大人っていいだろう
ぱっとした思いつきで温泉に
行けちゃうんだよね~
へへへへへ
数日は帰らないからよろしくちゃん

追伸 前もって叱っておきます」

というものだったけど、それを淡々と読み上げ、最後の追伸で両親になりきって叱る一松にちょっと笑ってしまったw
二期に入ってから一松やたらと喋るようになったよね…これもファンの声を意識しての事なのかなぁ。
両親から置いて行かれた三万円(数日ってことは「2から10日以下」、あるいは「2~3日」を示すものだと思うんだけど、それで六人って結構厳しくない?と思ってしまった…一応食材とか買い置きはあるのかな)
を真っ先に盗みにかかるおそ松を、すかさず連携プレーで抑え込んだ辺り、やっぱりお互いの思考回路は読める兄弟なんだなぁ…とつくづく思ってしまった。
そういえば二期に入ってから、おそ松のクズ度が結構上がってる気がするんだけど、これもいずれ何かの伏線になってくるんでしょうか…

そして相変わらず行き倒れそうになっているイヤミが登場。
一緒に連れている犬はデザインが見覚えあるような気がするんだけど、どこかで登場した事ありましたっけ…?
「おそ松」と言ってすがりつくのがトド松な辺り、必ずしおそ松とトド松を間違えるのはイヤミの定番なんですかね。
という事は実は六つ子の見分けがついてるんだろうか…??
イヤミが色々と働いたっていうバイトの中身がakazonだったり、アニメーターだったり…
ところで「りテイク!田舎へ帰れ ヘタクソ!」って言われてたアニメーターは宮崎監督のパロなんでしょうかw
描いてたキャラもジブリホームズぽかったし。
そして何で出てきた姿がキャミソール?って思ったら、ピンサロ(女装姿は変身薬飲む前のアレとそっくり…)から追い出されたからなのか~。
てかクズでバカでどうしようもないと長男を散々こきおろすカラ松に、あれ、こんなに辛辣だったっけ?とも思ってしまったり。
二次創作だと長男に塩対応の次男をよく見かけるけど、一期の時はどの兄弟に対してもわりと博愛精神持ってた気がする…
そしてそれに比例するかのように、周りから無視される場面もなくなったような。
カラ松に対して優しく(?)なったのは嬉しいけど、二次創作に寄ってるのかなぁ?とも考えてしまう…

イヤミがいらないと言われた外れ馬券とか競馬新聞(載ってるのがケンタウロスw)を連れてきた犬に「食べられるかどうか判定」をして料理を作ったけども、使ってる包丁も鍋もガスも松野家のものだよね!?
後で帰ってきた松代はどう思うんだろうか…あんだけ乱暴に使ったらボロボロになってそうな気もするけどw
というか、いったいどこで食べられるかどうかの判定してるんだ…?
お腹を下したイヤミに、「トイレはあっち!」っていう六つ子がまさにくんっぽい。(体型とか行動がそっくりになってる辺り)
てかアレの捨て方とか、水を吐いてウォッシュレットとか、もうこの辺りが一番のピークではあるけどひたすら汚いし下品だよね…一期で多少耐性はついたとはいえ、「くん」のようなデフォルメ絵ならともかく、あの頭身でやられるとかなりエグい気がする。

なんかもう散々言われてるけど、一松が作った猫型おにぎりめちゃ可愛い…
誉められるのに慣れてない六つ子可愛くない??
一回だけねとか言いながら競馬やらせる十四松とか、千円渡す一松とか、めっちゃ心広いな…って思ってしまった。
(もしかして日頃褒められ慣れてないのかな…と思うとちょっと悲しくなるけども…)

しかし朝起きたら部屋がめちゃくちゃになってるわ、おそ松のパーカー取られるわ、トッティのスマホゲー(ゲームやるんだ…!?)にはレベル520と一体いくら課金したんだ?っていうほどつぎ込んでたりとか、とかくイヤミのやりたい放題ぷりが凄い。
前にイヤミが家持ってた時はここまで荒れてなかった気がするし、家財道具取られた復讐で荒らしてるんだろうかw
実際は六つ子の家ってより、松造の家なんだけど…
そういやよくよく見ると、イヤミがつれてきた犬が、カラ松のパーカー着てサングラスかけてますねw
一期の猫といい、あのサングラスには動物に好かれるフェロモンでも出てんのか…??

イヤミを捕まえたチョロ松が他兄弟に止めを頼むものの、
カラ松「世の中そんなに甘くない」
トド松「調子いいやつ!お前は口だけだ」
十四松「タダメシ食らい」
一松「人に頼ってばかりの情けない大人が!!」
おそ松「ちゃんと反省しないといつか一人になっちゃうぞ!!」
と、自分の発した言葉がブーメランとなって自分に刺さる刺さるw(トッティのあの顔、久し振りに見たw)
これそれぞれの六つ子が抱えるコンプレックスなのかな~と思うと闇が深いですね…(一期から続いてるんだと考えてしまうと余計に)
五人「お前みたいな人間!いつか絶対バチが当たるんだぁ~!!」
と言った瞬間に謎のマサカリマシーンが産まれて六つ子全員自滅…
チョロ松もやられたということは、チョロ松も「バチが当たる」と思ってるのかなぁ。

なんだか知らないけど助かったとイヤミが家財全部持逃げして、「悪は滅びてちょ~!」と言った途端に空に巨大な光の刃物?が生まれて、町内どころか国全体が大爆発して終了。
イヤミの回は大体爆発オチだけど、これも例に漏れず爆発して終わりましたね…
特大ブーメランどころか周りを巻き込んでの自爆という凄い大迷惑なのが、まぁイヤミらしいっていえばイヤミらしいですねw

【ともだちがほしいじょー】

チビ太に「おとなしく友達を出せ」ってハタ坊が言う所から始まる、シュールな出だしw
ていうか銃で脅してどんな友達が出てくると思ってたんだ…
チビ太はハタ坊を友達だと思ってくれてたんだなぁ。
この二人の絡みってあんまり見ないけど、普段はちょくちょく会ったりしてるんだろうか。

トト子ちゃんのライブ、六つ子が居ない…?!てのに凄いビックリしてしまった。
アレ、ひょっとしてAパートのイヤミがきてたのと同じ時間帯だったのかな…?とも考えてたけど、その後の展開を考えると「あえて出さない」手法だったんだなぁ、と。(むしろ出すとおかしくなってしまう…)
それでもやっぱりトト子ちゃんライブには皆勤賞しててほしかったな~!
六つ子以外のファンが4人も居たのは凄いと思えるし、何かこれを絡めて六つトト話出来ないかなとついつい考えてしまいました…(どうでもいいですが、後ろの垂れ幕が「トト子ち(ハート)んスパークコンサート」って、何故そこにハートを入れたんだっていう…)
握手会でずらっとファンが並ぶにゃ~ちゃん(まだアイドル続けてたのがこれで分かりましたね!)に対して、全く人の居ない「トト子握手会」…看板の魚の絵がめちゃ可愛いんだけど自分で描いたのかな??
てかトト子ちゃんの握手会に誰も並んでないのおかしいでしょ…さっきのファンはどこに行ってしまったんだ。もし六つ子が会場に居たなら、交代交代で何度も握手に並んでる筈。(迷惑)
にゃ~ちゃんを見て「いいなぁ… はっ!何か自然と漏れたんだけど怖っ!」っていう半眼のトト子ちゃんがめっちゃ可愛かったです。やっぱり嫉妬っていう概念は持ってないのかなぁ。
ところでトト子ちゃん、友達居なかったんだ?! 敵しか居ないって明るく笑いながら言うのがちょっと怖いけど、そこがまたトト子ちゃんの可愛いところ…!!
でもハタ坊に私が友達になるよ!っていうトト子ちゃん、優しすぎない?
無反応のハタ坊にキレるトト子ちゃんだけど、そこをフォローするチビ太優しいな…
前の主役争奪レースの時もそうだったけど、チビ太はトト子ちゃんに優しいよねw

友達探しにトト子ちゃんが相談する相手に選んだのが!まさかのトド松!!
もうこの事実だけでトドトト本10冊くらいは作れそうな勢いですよ。
スマホ持って現れたって事は、トト子ちゃんが連絡したの??幼馴染特権で連絡先交換済みなの???
とか妄想しだすと、やっぱりトドトト尊い…とかなっちゃう。
トド松の「友達って何だっけ」という疑問に、トト子ちゃんが「そっかー。トド松くんは友達っていう概念すら持ってないんだね」とあっさりドライモンスター受け入れるのが何ともw
ところで「概念」っていう単語を持ち出す辺り、やっぱりトト子ちゃん結構頭良くない?
言動や仕草は子供っぽいんだけど、さらっと留学出来たりとか、実際かなり地頭良いと思う…天然で博識なトト子ちゃん本当推せる。

「あれって昔ばなしだよね。確か江戸時代とかにあった制度だよね」とトド松がさらっと言う辺り、本当に縁がないんだなぁ。というか普通丸も友達じゃないんだろうか…
それともトド松が言う「友達」ってかなりハードル高いのかな。
そう考えると、一松も「友達」が居ないと良く言ってるけど、そういうところ本当六つ子ってそっくりなんだな~…っていう…
(勿論トト子ちゃんは幼馴染枠だし、将来カップルになる予定だから友達には含まれてないとして)
で、トト子ちゃん、トド松は知り合い多いイメージあるんだなぁ。
確かに普段のSNSや女友達(知り合い?)を引き連れてる辺り、そういう風にも見えるけどw
そこから次々と他の兄弟にも声をかけてくけど、これトド松だけ先に銭湯来てたのかな…何か六つ子っていつも一緒に銭湯行くイメージあったから、バラバラに来るのが不思議な感じがある。

ところで今回トト子ちゃんの作画、結構バラバラじゃありませんでした…?
トド松に話しかけたところはキャラ設定に忠実だけど、公園に集まってたところはまた顔が違ったような。個人的には公園で集まってた辺りの作画が好みでしたね…

みんなハタ坊のために協力してくれるの、本当優しいな~!と思いました。
夜遅くまで根気強く付き合ってくれる辺り、六つ子もトト子ちゃんもデカパンもダヨーンもチビ太も良い人なんだよな~てのが分かって凄く良かった。
何だかんだで困ってるとほっとかないんだよね。一緒に悩んで考えてくれるの、凄く良いよ…
後、後ろに立ってた時に前に両手を揃えてたり、座ったときに足を揃えてたりと、トト子ちゃんてお嬢様ぽいところあるよね…好き…

「友達ってどこに居るんだ?難しいなハタ坊」っていう一松、それ自分に向けて言ってる気がして胸が痛んでしまった…
やっぱり友達欲しいんだよね一松…
全員並んでると殆ど身長変わらないんだけど、十四松とトト子ちゃんだけのカットだと、ちょっとだけ十四松の方が背が高いんだなぁ。この身長差が凄く良い…!!
ロボットの友達をつくるダスっていうデカパンに「ちょっと待って!ハタ坊が嫌な顔してるよ」っていうトト子ちゃん、ちゃんと回りを見れてるし、気遣いも出来るしで本当良い子だなって思ったわ…
冗談だってばーて笑うほのぼのな空気感が凄く良かった…そういえば六つ子と他のみんなとわちゃわちゃした絡みって殆どなかったけど、こういうのもっと見たいな~。ギャグ回も大好きだけど、ほんわかしてる回もたまには挟んで欲しい…

朝になり帰っていくハタ坊を見て、デカパンやダヨーン、トト子ちゃんが「不安になったのかもしれない」「正体不明の寂しさ」っていうのに納得してた辺り、この三人はそれを知ってるんだね…
だけど六つ子はきょとんとしてさっぱり分からないって顔してるのが、いつも六人一緒だからそういうのを感じるのもないって事だろうか…(後で一松だけが首を捻っていなかったっていう呟きを見かけて、益々胸が痛む…)
これ一期の終わりみたいに最後は全員バラバラになる伏線なのかなぁ…
で、大団円かと思いきや、ハタ坊が銀行を襲い、「可愛くて性格良くてハタ坊一筋になってくれる素敵な彼女をだすじょー」と脅すっていう。
結局そこに行くんかい!っていうギャグオチがとても良かったですw
そういえば一期のお金はどっかに行ってしまったんですかね?
あれだけお金持ちだったなら素敵な彼女くらい沢山見つけられそうな気がするんだけど…

次回はおそ松とトド松か~。
おそ松とチョロ松の組み合わせみたいに、結局トド松の方がひたすらツッコミ役してそうだなぁ。

| 感想まとめ | 01:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kemonoproject.blog85.fc2.com/tb.php/704-366fa825

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。