獣☆ぷろじぇくと!

人外+女の子のイラスト、漫画が多め。【おそ松さん・電凹・サンレッド・まりんとメラン】等

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「Alice」感想

ニコニコ動画を流しっぱなしにしてると、脳に変な液体が漏れてきます。
エンドルフィンのようなアドレナリンのような…
お勧め動画とかまとめたいけど、今週中に出来るのかしらん。

それはさておき、久しぶりにラノベを読んだので、その感想でも。

--------------------------------------------------------

電撃文庫シリーズ
タイトル:Alice
出版社:メディアワークス
著者:川崎 康宏


実はこれを手に取ったのは、表紙がかっこよかったのもあるんですが、挿絵に一番ぐっときました。
何って熊ですよ熊
こりゃ獣人好きなら見ないと!というわけで読んでみました。
我ながら狙いがピンポイントすぎる気がします。

基本は王道アクションコメディで、全体にテンポよかったです。
とはいえ、殺人描写あり、オチもブラックジョークがあり、単純にすかっとした話にはなってません。
戦闘シーンが随所に入っているので中弛みはない(少なくとも私はそう思う)のですが、それでも先に進めるのが結構辛かった…
その原因の一つは、主人公がやたらに強い事。
メビウスチルドレンと呼ばれ、その特殊能力ゆえに、回復や戦闘能力が異様に高い。
敵も無敵なんですが、それよりも主人公の強さが目立って、さほど緊迫感は感じませんでした。(普通の少女じゃ駄目だったのかな…)

もう一つは、やたらに要素を詰め込みすぎな所。
もしかして最近のラノベでは普通なのかもしれないですが、あれもこれもと入れすぎて、ごたまぜの闇鍋状態。
友人の少女(暁音)の絡みが少なくて悲しい…
いや一番は熊(ボーボー)と絡んで欲しいんですが。

やっぱり見所は、カナダ国籍を持つ、しゃべるグリズリーのボーボー。
主人公の身元引受人でもあり、探偵事務所の所長。
おっとりした性格で、かなりの日本オタク。おまけに格闘戦もこなします。
主人公には片思い相手が居るし、ラブ以前に出番も少ないのですが、主人公との出会いや日常風景を妄想するだけで萌えた。

車・バイク、アクション、SF好きなら、お勧めできます。



アメリカ大好き!な人には勧められない。

| 感想まとめ | 00:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kemonoproject.blog85.fc2.com/tb.php/29-650a8d7a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。